お知らせ

第6回「JEITAベンチャー賞」に選出されました

一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA:代表理事/会長 石塚茂樹 ソニー株式会社 代表執行役副会長)が「JEITAベンチャー賞」を発表し、ナレッジオンデマンド株式会社が受賞しました。

JEITAベンチャー賞は、電子情報技術産業への総合的な発展のみならず、経済発展やWith/Afterコロナでの新しい常態(ニューノーマル)社会に貢献しうるベンチャー企業を表彰するもので、本年が6回目の取り組みとなります。

成長性(先導性)、波及性、社会性の3つの視点からベンチャー企業を審査・選考した結果、ナレッジオンデマンド株式会社を含む7社が受賞しました。

[JEITAによる審査評価]
ナレッジオンデマンド株式会社は、製品・サービス・業務マニュアルなどをクラウド上でデジタルデータとしてチームで共有しながら編集および作成を進め、タブレットやスマホなどに配信し共有できる仕組みを提供しています。現在国内40社への導入実績があり、業務プロセスの改善、品質向上、リードタイムの削減などを実現しており、今後は多言語翻訳サービスを利用したグローバル展開や製造業の技術承継のマニュアル化などへ展開を進めることで、働き方改革や DX 化・ペーパーレス化が進む中、さらなる利用拡大が期待されます。よって JEITA、ベンチャー賞に相応しい企業と判断しました。