プレスリリース

ナレッジオンデマンド、セザックス株式会社とドキュメント制作・公開プラットフォーム「WikiWorks」の代理店契約を締結

 ナレッジオンデマンド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:宮下知起/以下、ナレッジオンデマンド)とセザックス株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:馬場明彦/以下、セザックス)は、ナレッジオンデマンドが提供するドキュメント制作・公開プラットフォーム「WikiWorks」をセザックスが代理販売することで合意しました。

 「WikiWorks」は、使用説明書や修理書(サービスマニュアル)などのマニュアル、社内業務マニュアルの作成・公開が可能なマニュアル作成・公開プラットフォームです。マニュアル作成のプロセスでは、チーム間でのオンラインコミュニケーション機能とコンテンツの再利用機能で、コンテンツ作成時間の短縮と品質向上を可能にします。マニュアルのデリバリ(配布)では、スマホやタブレット、PCにリアルタイムに公開する機能と、高クオリティ印刷が可能なデータを自動生成する自動レイアウト機能で、マルチアウトプットに対応します。

■提携の背景
 電子・機械製品における取扱説明書、修理書(サービスマニュアル)等のドキュメント制作は、執筆において多くの労力が発生するとともに、担当者と設計・品質保証などのステークホルダー間で、情報提供や確認などのコミュニケーションによって多くの工数が発生しています。加えて、この工程の一部は外部のアウトソーサーに委託されているケースも多く、コストコントロールや、機密情報の保護のためにアウトソーサーの常駐が必要になるなど、さまざまな課題を抱えています。

 これらの課題は、旧来のPCにインストールされたツールによるファイルベースの作業による中間作業の発生、メールや対面での会議によるコミュニケーションなどに起因しています。

 今後両社は、このような課題を抱える製造業のお客様に対して、WikiWorksのクラウドベースの作業環境を提供することにより、作業場所を問わないリモートからのセキュアな作業を可能にし、円滑なコミュニケーション、生産性と品質の向上を提供します。同時に、セザックス株式会社がこれまでドキュメンテーション分野で培ってきた品質・工程・情報デザインの高度なノウハウも活用することで、マニュアル品質の向上を提供し、お客様の製品価値をさらに高めることに貢献してまいります。

■セザックスの製品提供開始日
 2020年10月1日(木)

■製品概要
 製品名称 :WikiWorks(ウィキワークス)
 利用方法 :マニュアルをはじめとするドキュメントをサーバ上で管理し、効率的に「制作」「管理」「共有」が可能なプラットフォームです。これまで専任担当者に依存していた作業を複 数のリソースに分担して効率的に作業することで、リードタイムの短縮を実現します。また、DTP、HTMLコーディング、翻訳の自動化によるコストの削減も実現します。
 URL:https://wikiworks.kodnet.co.jp/