Web制作業界の新たな市場「トリセツ」(1)

Web制作業界の皆さんに1つのトピックをお知らせしたいと思います(今回から5回に渡ってコラムを書きます)。

「テクニカルコミュニケーション」という言葉をご存知ですか? 皆さんが普段利用している家電製品や自動車といった商品の「使用説明」(「取扱説明書」や「トリセツ」と呼ばれるものだけでなくカタログやリーフレットも含む)は、テクニカルコミュニケーションの成果物です。

これまで、「使用説明」のほとんどが、紙に印刷し製本された形態で提供されてきました。Webが使われることがあっても、主体は印刷物であり、Webはあくまで補完する役割でした。

しかし、ここに来てWebが主役となるきっかけができたのです。トリセツには、実は国際標準となる規約があります。その規約が大きく変更されました。『ISO/IEC Guide37:2012』や『IEC82079-1』です。これまでトリセツは製品に添付する義務がありました(これがWeb化の障害の1つでした)。しかしこれらの新しい規約によって、その義務が取り払われ、Webで積極的に展開してよいことになったのです。

Webでのトリセツの公開には、従来のWebコンテンツとは異なるいくつかの課題があります。しかし、それらをクリアできれば、5兆円とも言われるトリセツ業界ですから、Webにとって新たな大きな市場となるに違いありません。

次回は、トリセツWeb化の課題について整理したいと思います。

お問合せ・資料請求はこちら

TEL03-6893-2237
受付時間 10:00~18:00(土・日・祝日を除く)

Webからのお問合わせ・資料ダウンロード